椿油の原料となる椿の種子は天然のものなので、天候や種子の状態、収穫時の状況によって品質にばらつきが生じます。大島椿では品質の良い椿油を製品にするために原料の選定から搾油、精製まで厳しい自社基準を課しています。

原料の選定

全ての製品に使用している椿油は、伊豆大島や長崎県をはじめとした国内外から、厳選した高品質なヤブツバキ・ヤブツバキ近縁種の種子から採っています。自社基準に合致した原料を得るために産地を視察し、作柄や収穫量、品質、生産施設の状況などの確認を行います。

搾油

収穫した種子を加圧して、押しつぶしながら搾る「圧搾法」という昔ながらの製法で、丁寧に原油を搾ります。搾油時には、種子から油分を取り出しやすくするために、品質に影響のない範囲で加温します。溶媒抽出はしません。得られた原油はろ過し、微小な固形物を取り除きます。残留農薬がないことも確認します。

精製

品質を向上させる目的で、脱ガム・脱酸・脱色・脱臭の精製を施しています。ろ過だけでは取り除ききれない夾雑物を除去することで安定性を高め、においやベタつきがない、使用感の良い大島椿基準の椿油になるのです。

こうして多項目にわたって、公的機関が定めた規格と同等、もしくはそれ以上に厳しく設定した自社基準をクリアした椿油から、大島椿品質の製品が生まれます。