株式会社大島椿製油所

東京・竹芝港から高速ジェット船でわずか2時間足らず。現在も豊かな自然か残されている伊豆大島で、大島椿は誕生しました。
創業者・岡田春一は、椿油を愛用している島民の髪の美しさに感動し、そのすばらしさを世に広めたいと決意。1927年に合資会社大島椿製油所を伊豆大島に設立し、製造・販売を始めました。昭和の伊豆大島観光ブームの際には、三原山登山口にたつ休憩所としての役割も果たし、大島観光を盛り上げました。
大島椿グループのシンボルである大島椿製油所は、唯一の直営店として、90余年に渡って営業を続けています。

伊豆大島限定品

伊豆大島の豊かな自然が育てた椿の種を丁寧に搾り、独自技術で精製した「大島椿 椿油」。肌のうるおいを保ちしっとりと洗い上げる椿油(保湿・柔軟・保護成分)配合の石鹸「大島椿スキンケアソープ」。椿油とツバキ石けん(洗浄成分)配合できめ細かな泡立ちの低刺激性シャンプー「大島椿オイルシャンプー」。伊豆大島でしか手に入らない限定品はいずれも上品な使い心地で、ご自身や大切な方へのお土産として人気があります。

大島椿 椿油
(10mL/500円、 30mL/1,500円) 大島町優良特産品
大島椿スキンケアソープ
(標準重量20g/300円、 36g/500円、 80g/800円)
大島椿オイルシャンプー
(100mL/200円、 300mL/500円) ※全て税別

アクセス

株式会社大島椿製油所

〒100-0101 東京都大島町元町2-19-7
TEL:04992-2-2511
営業時間:9:00~17:00
定休日:火・水曜日

都合により休業になる場合がございます。
お電話にてお問い合わせください。

伊豆大島と大島椿の関わり

1927年の創業時から一貫して、大島椿の発展は伊豆大島とともにありました。

創業者・岡田春一は、伊豆大島で椿油を産業として成り立たせ、島を発展させようと会社を興しました。特産品の椿油を商品化し、販売することで島に寄与しようと考えたのが創業の原点です。
戦後の混乱期には、椿油と伊豆大島の素晴らしさを広めるために、島のアンコさんたちを連れて全国各地を巡りました。この宣伝活動は行く先々で好評を得て、新聞にも大きく取り上げられました。また、当時は伊豆大島観光も人気があり、大島椿製油所は観光案内所の役目も果たしていました。
平成26年に大規模土砂災害に見舞われた際は、伊豆大島応援プロジェクトを立ち上げ、観光復興寄付金付き商品を販売するなど、社を挙げた取り組みを実施し、復興を支援してきました。
いま大島椿では、椿と椿油から生まれる文化を後世に受け継いでいくため、伊豆大島で新たな取り組みを始めています。

大島椿のあゆみを詳しく知る
大島椿のあゆみ

伊豆大島で、人と椿のこれからをつくる
伊豆大島つばき座プロジェクトについて