大島椿

  1. TOP
  2. 使い方
  3. 頭皮ケア(画像&テキスト版)

頭皮ケア(画像&テキスト版)

つや髪には、頭皮から根本的にケアすることが不可欠。頭皮は汚れがたまりやすく、シャンプーだけではケアしきれません。椿油は頭皮になじませるだけで毛穴の汚れを無理なく溶かし出します。

1回分ティースプーン一杯程度(約5mL)の大島椿を小皿などに移します。

移しかえた大島椿は一度で使いきってください。

大島椿を指先にとり、シャンプー前の乾いた頭皮になじませます。


頭頂部 指の腹を使って前から後ろへ指をすべらせます。

■つけ方■

大島椿は頭皮の皮脂によくなじむので力を加えて擦りこむ必要はありません。

サイド 指の腹で、下から上へと髪をかきあげるように指をすべらせます。

頭頂部も同様に。

5分ほど置きます。

 

5分ほど置くと、頭皮全体に大島椿が広がり、毛穴の汚れを無理なく溶かし出します。

待っている間にタッピングやつぼ押しをすると、マッサージにより血行が促されエイジング予防効果が期待できます。

ぬるま湯でよく流してからシャンプーで洗います。

■洗い方■

指先を細かく動かしながら指の腹で頭皮をやさしく洗います。生え際や襟足は特に丁寧に。
その後、十分にすすいでください。

ドライヤーで乾かします。

 

ドライヤーは根元から毛先に向かって吹きおろすように風をあてると、広がりにくくキレイにまとまり、艶も出ます。
下から風をあてるとパサついて広がりやすくなります。

頭皮から艶髪をはぐくみましょう。


頭皮は汚れがたまりやすく、毎日のシャンプーではケアしきれません。
週一回の頭皮ケアを習慣化して、頭皮から艶髪をはぐくみましょう。


PAGE TOP