大島椿の歩み

  • 大島椿創業
  • ダイツバキ印と椿
  • 艶じまん
  • 宣伝カー
  • 昭和30年代以降の歩み

宣伝カー

宣伝カーとアンコさん

第二次世界大戦後の混乱期には、伊豆大島のツバキ油と称してツバキ油以外の粗悪品が出まわった為、全国各地への宣伝活動を行いました。昭和25年頃から約 5年間行われたこの宣伝活動は大型バスをキャンピングカーのように改造し、大島のアンコさんを乗せて、1県を2〜3週間かけてまわりながら全国津々浦々行脚するというもので、テレビが無い時代に大島から来たアンコさんの歌と踊りは大変珍しく、1日1000本売れることも珍しくなかったとのことです。


当時の出来事

1945年

(昭和20年代)

昭和23年より製造再開

1946年

(昭和21年)

日本国憲法公布
「サザエさん」連載開始

1953年
(昭和28年)

NHK テレビ放送開始 街頭テレビが流行る

公衆電話10円

1954年
(昭和29年)

電気洗濯機・冷蔵庫・掃除機
「三種の神器」と呼ばれる

Pagetop