椿油 肌への効果

肌をすこやかにする効果もある椿油

椿油は、肌と相性のいい成分です

椿油の主成分は「オレイン酸トリグリセリド」。耳慣れない言葉ですが、実は私たちの皮脂に含まれる成分と同じ。皮脂を構成するトリグリセリドのうちの1つで、肌に自然になじむようなつけ心地です。また酸化しにくく、乾きにくい油脂なので、保湿・保護剤として優れています。椿油が肌にやさしい理由はこうしたことにあるのです。


デリケートな肌に、おすすめします

カサカサしやすく、刺激を受けやすいデリケートな肌は、右図のようにバリア機能が低下している状態です。椿油は肌にうすい膜をつくることで、バリア機能をサポートするオイル。さまざまな刺激から肌を守り、水分の蒸発をおさえ、皮膚をすこやかな状態へと導きます。


Pagetop